ダボ計算・フィルマSP住宅(在来工法設計)・介護保険住宅住宅改修 ・・・丹羽企画

 ■ 丸太組構法(ログハウス)の「ダボ」って何???

ダボというのは丸太材間の水平力(せん断力)に抵抗させるために設ける棒状の材料(木や鉄)のことです。

簡単に言いますと在来工法でいうところの筋交い、鉄骨造でいうところの ブレースといったところでしょうか。
この『ダボ』については在来工法の壁量計算書と同じように「ダボ計算書」 なるものがあります。

建物を建築するにあたっては〔確認申請〕という手続きが必要となります。
(都市計画区域外など一部地域を除く。)
その確認申請書には「ダボ計算書」の添付が必要となります。
このダボ計算につきましては平成14年国土交通省告示第411号の仕様規定に基づき作成されることとなります。

しかし、これがなかなか厄介でありまして在来工法の筋交い計算のようにソフトですんなりと出来るものではありません。
私もこれまでいろいろと大変な思いでダボ計算をしてきました。
行政や民間確認機関も「丸太組構法」の案件が圧倒的に少ないこともあり、言うことも様々でした。
そんななかで、やっとダボ計算なる簡易ソフトを(ほんとに簡易です)自分なりに作成することができました。
ダボ計算などに困っていらっしゃる方々のお役にたてればと思います。

また、丸太組(ログハウス)を計画するにはダボ計算以外にも色々な規制があります。わからないことなどございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 わかる範囲で対応させていただきます。

尚、私どもの事務所は構造設計事務所ではございませんので、許容応力度計算などについてのご質問にはお答えしかねます。ご了承下さいませ。

   
【お問合せ】
丹羽企画
  岐阜県関市下之保2665
  代表:丹羽晃成
  TEL:0575-49-3549


 



since 2010.02